モテない男性がやってしまいがちなアプリの使い方

モテない男性がやってしまいがちなアプリの使い方

婚活や恋活をする時に便利なSNSコミュニケーションアプリは、男女が出会うツールとして多くの注目を浴びています。

 

ですが、アプリを使っても全く出会いがないし、女性にメールを送っても返事すら返してもらえないという男性の意見もあります。
もしかしたらその理由は、モテない予備軍に入っているからかもしれません。

 

今回は、自分では気づかないモテない男性がやってしまいがちなアプリの使い方について説明します。

 

定型文メールやコピペ文章を送っている

 

アプリによっては男性会員が有料のところも多く、メール送信に1通あたり数十円〜数百円の費用がかかります。
でもアプリ側で用意された定型文を使うと無料で送ることもできるのです。

 

気になる女性がいても、メールをどうやって書けば良いのか迷った時に便利ですが、女性側はこのような定型文メールには反応しないものです。
さらに、送る相手を特定していない内容でコピペっぽい文章のメールにも無反応です。

 

ポイント節約をしているケチなイメージと、誰でも良いのではないかといういい加減な印象を持たれるので反応がないのです。
これに気づかないまま同じことをしていても、出会いがないのは仕方ありませんね。

 

日記に出会った女性の話題を書いている

 

メールをもらった女性は、まず相手の男性のプロフィールを見ます。

 

年齢や住んでいる場所などをチェックするのと同時に、日記やつぶやきなども目を通すことがあります。
ですが、日記にアプリ内で出会った女性との出来事や、愚痴などが書かれていると一気にテンションが下がります。
別の女性ともよく会っている、下手をすると日記に書く題材にされてしまうと感じるからです。

 

日記のコメント欄で女性と親しく会話しているのを見ると、それだけでも引いてしまうので気をつけてください。

 

掲示板に投稿しまくっている

 

プロフィールや日記などのコンテンツを見たら、次は男性が掲示板に投稿している内容もチェックします。

 

1日に何度も投稿したり、毎回違う掲示板で募集をかけているのを見ると、女性は興味を失いがちになります。
ガツガツしている、希望の相手の条件が定まっていないなどの理由で、チャラい雰囲気だと思ってしまうのです。

 

投稿しても相手が見つからない場合は、そのまま放置せずに消去していくなどの工夫が必要です。

 

男性会員がポイント不足を補ったり、出会いの幅を広げようと努力する気持ちは分かります。
ですが、ご紹介したようなことを実行していたら、いつまでも女性との出会いは見つかりません。

 

モテない予備軍から脱却するためには、女性の立場にたって、不安や疑問を拭いされるような使い方を心がけてください。