長いこと便秘に苦しんだ私がスッキリできたのはヨーグルトのおかげ

長いこと便秘に苦しんだ私がスッキリできたのはヨーグルトのおかげ

 

 

若かったせいか、20代は元気に過ごし便秘の自覚はありませんでしたが、今 考えれば便秘気味だったと思います。その頃は外食が大好きでアルコールも好き。腸内環境について考えるような事は全くありませんでした。

 

 

30代になりお腹が重く排便は3日〜4日に一度、長いときは1週間に一度で量も少ししか出ず、ヨーグルトが良いと聞き毎日食べてはみましたがほとんど効果はありませんでした。排便時は時間がかかり、しかもとても臭かったので自宅以外でする気にはなれず、もし外出先で用を足したくなっても我慢してしまいました。そうする事で便が出口でフタをしてしまうような状況になり、余計に完全な便秘体質になってしまいました。

 

巷でも良いと言われるヨーグルト、実は量に問題が…

 

便秘薬に頼るとクセになってしまうのではないかと思い極力飲まないでいましたが、それでも苦しく排便があまりにも無いと体に悪いのでは、と思い時々 便秘薬も飲みました。でも、それはその場しのぎで、また出ない…を繰り返していました。

 

友人にその事を話すと、ヨーグルトは腸内に良い菌を増やしてくれるので、やはり便秘の改善に役立つこと、でも、ほとんどの日本人が少量しか摂取しておらず、改善できるまでに行かないで諦めてしまうらしいことも話してくれました。
お店で売っている大きめのヨーグルトが400g〜450gの容器に入っていますが、それを二日で食べ終えるくらい(1日200g以上)摂取すると良くなると思うと言っていたので、早速試してみました。

 

1ヶ月経たずに効果が出ました

 

ヨーグルト200g以上を毎日摂るようになり、3週間くらい経った頃から1日〜2日に一度くらいのペースで排便できるようになりました。

 

変な話ですが、便は鹿とかうさぎのようにコロコロした感じのもので、ちゃんとつながって出てきませんでしたが、大腸カメラで検査をしていただいた医師の話では、それは腸がお腹の中でどんな状態で収まっているかによる(腸が緩やかなカーブではなく折りたたまれたように収まっていると便がちぎれるため細切れになる)とのことでした。

 

また、ストレスがあると腸内で押し出す運動が弱まるそうで、腸の動きを良くするためにリラックスしながら軽い運動をするのも便秘改善に効果があると言われました。
(ただ、運動を必死になってやってしまうのは腸が緊張して動きが鈍くなるので逆効果で、リラックスして楽しみながら体を動かすのがポイントとのこと)

 

肌荒れも改善…苦しかった毎日がウソのよう

 

ヨーグルトを毎日200g摂取するようになり4年以上経ちました。10年以上苦しんでいた便秘はとっくに改善されて気持ちがとても楽になりました。

 

ただ、もともと甘くしてあるヨーグルトを毎日摂るのは糖分の摂りすぎな気がするので、私は加糖でないプレーンヨーグルトにドライマンゴーを食用はさみで食べやすい大きさに切って入れたものを一晩おいて食べています。マンゴーは柔らかくなり自然の甘みと食物繊維やビタミンもプラスされるので一石二鳥だと思います。

 

 

便秘改善に役立つ食材はたくさんあると思いますが、私の場合あれもこれもというと長続きするか疑問なので、ヨーグルト1日200g摂取を続けて腸内環境が良くなりました。体の軽さは仕事にも私生活にも良い影響を与えていると感じています。